森の未来を考えるブログ

森林の未来について学び、考えている事を記載します。

2017年1月8日 A-WASS研究会

昨日は、A-WASS(木と建築で創造する共生社会実践研究会)に参加してきました。
 
今回は、林野庁整備課長 小島孝文氏から、林野庁の考えや戦略、それに対するパネルディスカッション形式での質疑応答という形式での研究会です。
 
結論から言うと、とても内容も濃く、充実した時間でした。
参加者も幅広く、林野庁、大学教授、建築家、林業家、森林組合、製材業、地方公務員の方々など。
それぞれの立場から忌憚ない意見を伺えました。
 
林野庁の小島様からは、林業の成長産業化に向けた施策についてご説明頂きました。
ポイントは、
林業の成長産業化のシナリオ
②施業の集約化
③路網の整備
の3点。
 
それぞれについて、かなり具体的に戦略を考えておられます。
特に、林業は政府の発表する「日本再興戦略2016」にも数項目に渡り記載されており、政府としても成長産業と位置づけており、かなり力が入っております。
 
話は代わりますが、懇親会の中で林業・木材は複数省に関連する産業という話になりました。
パッと出てくるだけでも、農水省環境省経産省国交省、復興庁などなど。
林業はまさに国家の発展に関わる重要な産業ということが言えそうです。
逆に言うと、行政が縦割りな為、かなり苦労することも多いのですが。笑
 
まさに当社も林野庁の掲げるビジョンを、ビジネスの力で実現を目指しているので、官民連携も視野に入れて頑張りたいと思います。
 
今年は、そのスタートを切る一年に致します!
 
 
f:id:junpei-asano:20170109144745j:plain
林野庁の小島氏(左)と今泉氏(右)