読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森の未来を考えるブログ

(株)森未来(シンミライ)代表取締役の浅野純平が森林の未来について学び、考えている事を記載します。

木霊祭

毎年、1月17日はこの地域(西多摩地域)の木霊祭です。

この日は山の神様が木の数を数えるため、人が山に入ってはいけないという言い伝えがあります。

もちろん林業家もこの日は作業をしません。

今回はそのことではなく、木材組合のような地域団体におけるこのような記念行事について考えてみたいと思います。

私が秋川木材協同組合の事務局について、今年で2回目の木霊祭です。

慣れてきた事もあって、昨年よりもさらに盛り上がってきた感じがします。

アキモクでは、このような年間行事以外にも、毎月2回の定例会議、総会、暑気払い、忘年会など様々な行事を行っております。

定例会議や忘年会などの飲み会は形骸化している部分もあるのですが、それでも集まることによってお互いコミュニケーションが取れ、情報共有ができます。

もし、このような会が無いとすると、噂話などによってお互いが距離を置くようになり、しまいには袂を分かつような事にも繋がる可能性はあるのかと思います。

特に木霊祭のような象徴的な行事では、普段あまり会議に来ないメンバーも参加し、終わったあとには団結感も高まります。

今年は、記念撮影も行い、

 

今後も長く使っていけそうな象徴的な写真が撮れました。f:id:junpei-asano:20170121003324j:plain

(秋川木材協同組合組合員一同)

まさに今年をスタートとし、アキモクの新たな始まりとしたいと思います。

私個人としては、今後も10年20年と続く組合となっていけるよう、新たな基盤を作る一年にしたいと思います。

弊社森未来共々、秋川木材協同組合の今後にも注目して頂けましたら幸いです。