森の未来を考えるブログ

森林の未来について学び、考えている事を記載します。

ときがわ木材の視察へ行ってきました!

今日はときがわ木材有限会社へ視察&事業調査の為にインタビューへ行ってきました。

ときがわ町は古く鎌倉時代から木工業で栄えた地なのですが、今では木工屋/建具屋も減り、日々製材している製材所はときがわ木材のみだそうです。

f:id:junpei-asano:20171206224704j:plain

ときがわ木材の田中社長とはA-WASSの時にいつもお世話になっておりまして、そのご縁で訪問させて頂きました。

今回当社にて手掛ける事業は、「眠っている木材を世に出す」事業で、地方の製材所にどれぐらい眠っていて、どうやったら出てくるかの調査でした。

ときがわ木材、及び協同組合彩の森とき川には想像以上の木材が眠っておりました。

同時に、倉庫の奥深くに眠っているので、出してくるのも簡単ではないな。とも思いました。

 

 

f:id:junpei-asano:20171206224835j:plain

田中社長とは親しくさせて頂いており、とてもいい人なので出すときは協力するよ。と言っていただきましたが、この辺は今後の課題です。

本業である製材製品もとても良い木材を使っており、製品も世に出すことができればきっと売れると思います。

f:id:junpei-asano:20171206225024j:plain

事業に関して色々と手ごたえを感じた一日でした。

田中社長、本日はありがとうございました!

(到着駅を間違えてしまい、申し訳ございませんでした。m(_ _)m)